飲食関係の仕事に役立つ「洋食資格」

料理好きにおススメの洋食資格洋食と聞くと外国で生まれた料理をイメージする方もいるかもしれませんが、わたしたちの身近にある洋食は、日本人好みにアレンジされた料理も数多くあります。料理初心者の方をはじめとした、料理好きの方におすすめの資格が「洋食資格」です。

洋食資格を取得するなら、飲食関係で活かすことができます。さまざまな洋食資格がありますが、その中でも人気となっている2つの資格をご紹介しましょう。

「諒設計アーキテクトラーニング」の「洋食エキスパートW資格取得講座」

老舗通信講座「諒設計アーキテクトラーニング」では、2つの資格試験に対応している「洋食エキスパートW資格取得講座」があります。

この講座を受講するなら日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の「洋食エキスパート」と、日本インストラクター協会(JIA)主催の「健康西洋料理インストラクター」の2つの資格に必要な専門的な知識を学ぶことができます。

それには日本における洋食の歴史、食材についての知識、料理をする上で知っておくべきこと、洋食のマナー、洋食レシピなど洋食に関して基本的なことを学べます。それに加え、指導することができる資格も得ることができます。

初めての方でも学ぶことができる幅広い講座内容となっています。受験資格は特にないので洋食が好きな方や興味がある方、飲食業界で働きたい方など誰でも気軽に受講できます。受講期間は最短2ヶ月、通常6ヵ月となっています。

試験免除で資格取得が可能な「スペシャル講座」

諒設計アーキテクトラーニングは通常講座のほかに、当通信教育限定で各協会が指定する「スペシャル講座」が用意されています。スペシャル講座は、添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出することで試験が免除されます。

つまり、講座卒業と同時に2つの資格が同時に認定されます。ですから、確実に資格を取得したい方は試験が免除になるスペシャル講座の受講をおすすめします。

まとめ

講座卒業後、飲食業界や自宅やカルチャースクールなどで講師として役立てることができる洋食資格はすでに多くの方から高評価を得ています。履歴書にも記入することができる資格です。

この機会に、洋食に関する専門的な知識を講座を受講して学んでみませんか?諒設計アーキテクトラーニングの「洋食エキスパートW資格取得講座」に受講を検討することをおすすめします。