世界で注目されている「日本茶」

人気のある日本茶資格とは?日本の伝統的な食文化がユネスコの無形文化遺産に登録されたことをきっかけに、欧米諸国ではもちろん、アジア各国まで日本食がブームとなっています。

その影響で「日本茶」も注目されています。今ではコーヒー感覚で日本茶を飲んでいる方も少なくありません。

そのブームに伴い日本茶資格の取得も人気となっています。

日本茶文化を学びながら資格も取得できる「日本茶セレクターW資格取得講座」

日本茶セレクターW資格取得講座」は、「諒設計アーキテクトラーニング」が提供している通信講座です。この講座を受講するとJSFCA(日本安全食料料理協会)主催の「日本茶セレクター」と、JIA(日本インストラクター協会)主催の「緑茶インストラクター」の2つの資格の対策を同時に行うことができます。

それには美味しい日本茶の淹れ方、茶道具の種類、茶葉の保管方法、日本茶を使用した料理方法、日本茶の製法、良いお茶の見分け方などお茶に関する専門的な知識をスキルを身につけることができます

通信講座なので、自宅で、自分の好きな時間に、自分のペースでカリキュラムを進めることができます。初めての方でも分かりやすい内容となっていますし、質疑応答のサポート体制もしっかり整っているので安心して受講できます。

試験が免除される「スペシャル講座」

諒設計アーキテクトラーニングは通常講座に加え、資格協会指定の「スペシャル講座」も用意されています。スペシャル講座は、添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提供することで試験が免除されます。

つまり、講座卒業と同時に2つの資格が認定されます。なので、確実に資格を取得したい方に特におすすめの講座となっています。資格取得後は、資格を活かして自宅やカルチャースクールなどで講師として活躍することができます。

また、自分の趣味に活かすことや、家族やお友達に美味しい日本茶を淹れておもてなしすることもできるでしょう。日本人として、日本茶の基本や美味しい日本茶の淹れ方、文化や歴史など講座を通して学んでみるのはどうですか?

まとめ

日本茶資格は人気のある資格のひとつです。日本だけでなく世界中から注目されている日本茶を学ぶことで、その魅力の虜となることでしょう。

この機会に諒設計アーキテクトラーニングの「日本茶セレクターW資格取得講座」を受講し、日本茶について学びながら、資格取得も検討してみるのはどうでしょうか?