夢占い資格とは?

夢占い資格の評判は?夢占い資格自体はまだ比較的新しい資格制度ですが、夢占いは昔から人気があるため、夢占い資格はすでに注目されており、多くの方が資格取得のために受験しています。

そもそも夢占い師とは、相談者の夢に現れた象徴的なことから願望や本心、悩みなどを読み取ることができ、的確なアドバイスや助言をできる人のことです。

しかし、これらの知識やスキルを独学で学ぶことには限界があります。そこで、夢占い師に必要な専門的な知識や技術を学びながら、資格取得もできる通信講座がおすすめです。

「諒設計アーキテクトラーニング」の「夢占いアドバイザーW資格取得講座」

通信講座機関「諒設計アーキテクトラーニング」では、JIA(日本インストラクター協会)主催の「夢占いアドバイザー」と、JAAMP(日本アロマメディカル心理セラピー協会)主催の「夢鑑定セラピスト」の2つの資格試験に対応した「夢占いアドバイザーW資格取得講座」を提供しています。

この講座を受講すれば夢占いの基本的な知識や夢の分析方法、夢の解釈方法など夢に出てきた物や人物、出来事を正しく解明し判断できる知識やスキルなど夢占いのプロとして必要なことを身につけることができます。

初心者の方でも夢占いをマスターできるようカリキュラムが構成されているので、だれでも自分のペースで安心して受講できます。

確実に資格を取得したいなら「スペシャル講座」がおススメ!

諒設計アーキテクトラーニングでは、自身で試験を受け合格することで資格を取得できる「通常講座」と、卒業課題を提出することで試験が免除される「スペシャル講座」が用意されています。

スペシャル講座は講座の卒業と同時に、夢占いアドバイザーと夢鑑定セラピストの2つの資格が確実に認定されます。受験の手続きはもちろん、試験を受ける必要もないので、時間と手間を省くことができます。

なので、すぐに資格を取得したい方や、確実に資格を取得したい方はスペシャル講座を受講することができるでしょう。資格取得後は、夢占いアドバイザーやセラピストとして夢占いのプロとして幅広い分野で活躍できます。

まとめ

諒設計アーキテクトラーニングの「夢占いアドバイザーW資格取得講座」を受講すれば、夢占いのプロとして必要な知識やスキルを身に付けながら、資格取得も目指せます。夢占いのプロとして活躍したい方は、講座受講を検討することをおすすめします。