主婦を中心に人気のハンドメイド資格

副業にも役立つハンドメイド資格毛糸や装飾用糸などを使って手作りの手芸品を作成し、自分で楽しんだり、販売したりするなどのハンドメイドが人気です。

マフラーや帽子、手袋などは機械で編むよりも手編みの方が温かみがあり、人気の作品となっています。近年では、スマホのアプリなどを利用し、作品を販売っする副業も流行っています

その際にあると役立つのがハンドメイド資格です。もちろん資格がなくても販売することは可能ですが、資格を保有していることを記載するだけで信頼がアップします。

わずか2ヶ月で資格取得できる「クラフトハンドメイドマイスターW資格取得講座」

クラフトハンドメイドマイスターW資格取得講座」は、「諒設計アーキテクトラーニング」が提供している通信講座です。

この講座を受講すると日本デザインプランナー協会(JDP)主催の「クラフトハンドメイドマイスター」と、日本生活環境支援協会主催の「手芸アドバイザー」に2つの資格試験対策をすることができます。初心者でも実用的なモノを簡単に作ることができる講座内容となっているので、ハンドメイドに興味があっても何から始めたらよいのか悩んでいる方でも安心して受講できます。

また、クラフトセットが付属品として付いてくるので、学習テキストに沿って、自分のペースで作品を作成していくことができます。それにより、ある一定水準のクラフトやハンドメイドの創作スキルを身につけることができるので、資格取得後は講師として資格を活かすことも可能です。

試験免除の「スペシャル講座」がおススメ!

諒設計アーキテクトラーニングの「スペシャル講座」は、日本デザインプランナー協会と日本生活環境支援協会は認定している指定講座です。なので、卒業課題を提出することで試験が免除され、講座卒業と同時に「「クラフトハンドメイドマイスター」と「手芸アドバイザー」の2つの資格が同時に認定されます。

これらは履歴書にも記入することができる資格です。資格があるなら、自宅やカルチャースクールなどで講師として活動したり、インターネットで作品を販売する際の肩書として記入することもできます。実際に作品を作りながら、資格取得を目指してみませんか?

まとめ

ハンドメイド資格を取得するには、手芸に関する知識やスキルを身に付ける必要があります。

専門の学校にわざわざ通わなくても、諒設計アーキテクトラーニングの「クラフトハンドメイドマイスターW資格取得講座」を受講すれば、効率よく手芸に関する知識やスキルを身に付けることができ、資格も取得できます。

副業にも役立つハンドメイド資格資格の取得を検討してみるのはいかがですか?