コーヒーの奥深い知識が学べるコーヒー資格

履歴書にも記入できると評判のコーヒー資格とは?近年、自宅などでカフェを開業したいという方や、カフェオーナーになりたい!という方は少なくありません。

そのためには、カフェオーナとして必要な知識や資格、また、コーヒーに関する専門的な知識が必要となります。そこで老舗通信講座機関「諒設計アーキテクトラーニング」の「カフェ・コーヒーW資格取得講座」がおすすめです。

コーヒーの魅力を学びながら、カフェオーナーとして必要な資格も取得できます。趣味や暮らし、仕事にも活かすことができる実践的な講座受講を検討してみるのはどうでしょうか?

「カフェ・コーヒーW資格取得講座」とは?

「カフェ・コーヒーW資格取得講座」を受講するなら、JSFCA(日本安全食料料理協会)主催の「コーヒーソムリエ」と「カフェオーナースペシャリスト」の2つの資格対策を同時に行うことができます。

コーヒーソムリエとして必要なコーヒー豆の知識、美味しいコーヒーの淹れ方、焙煎方法、カップ&ソーサーに関する基礎知識を学べます。また、エスプレッソマシンやサイフォンを実際に使って美味しいコーヒーの淹れ方を学びます。

(講座に道具がセットでついてきます。)それらに加え、カフェオーナとして必要な専門的な知識、技術、マーケティングの基礎的な知識なども学ぶことができます。履歴書にも記入することができる資格で、最短2ヶ月で資格取得が可能となっています。

試験が免除できる「スペシャル講座」

諒設計アーキテクトラーニングでは、通常講座のほかにスペシャル講座も用意されています。スペシャル講座は日本安全食料協会が認定している指定の講座で、卒業課題を提出することで試験が免除されます。

つまり、講座卒業と同時に2つの資格が同時に認定されます。最短2ヶ月、通常6ヵ月間という期間の中で、自分のペースで安心してカリキュラムを進めていくことができます。独学で学ぶこともできますが、講座を受講することで効率よく専門的な知識を学ぶことができます。

まとめ

コーヒー資格は、多くの方に人気のある資格のひとつです。自分の趣味として活かすことはもちろん、講師として活躍したり、自宅でカフェを開業することもできます

教材にエスプレッソマシンやサイフォンが送付されるので、とても実践的な講座内容となっています。コーヒーに興味があるなら受講を検討してみるのはどうでしょうか?